子どもの笑顔は涙が出るほど可愛い。一緒に笑顔を作ろう。

こんにちは!

一歳半と半年のふたりの娘の父、すずきだいきです。

 

最近、子どもの笑顔がかわいくて仕方ありません。

彼女たちは、ぼくが笑うと笑い返してくれます。

 

ぼくは以前、なにを考えているのかを口にできない子どもとどう接していいかがわからず、子どもが苦手でした。

そんなぼくに、こんなに子ども好きになる日がやってくるとは思ってもいませんでした。

子どもの笑顔には、末っ子の子ども嫌いのぼくを、子ども好きに変えてしまうほどのパワーがあります。

 

なにより嬉しいのは、仕事から家に帰ってきたぼくを、娘が満面の笑顔で迎えてくれる時です。

ぼくは、彼女に会えて嬉しいし、そのことを一生懸命伝えるけど、彼女はぼくよりも何倍も上手く、ぼくが帰ってきて嬉しいことを伝えてくれます。

混じり気のない最高の笑顔をこっちに向け、手を上げて、声を出して、ぼくのことを迎えてくれます。

別に悲しくもないのに、ふと涙が出てきそうになるくらいその笑顔は素敵です。

 

なぜ、子どもの笑顔を見ると幸せになるのか?

彼女の笑顔には、警戒心がありません。

そして、笑うことをためらったり、恥ずかしがったりもしません。

 

ただただ純粋に、自分の気持ちを笑顔に変えることができるんです。

純粋であることがわかるからこそ、その笑顔を見ると、本当に嬉しい気持ちになります。

 

特に、娘がぼくと何かをすることで喜んでくれる時。

最高に嬉しい瞬間です。

 

子どもの笑顔を見ると、親であれば誰もが幸せな気分になります。

きっと親だけではないでしょう。

 

人生苦しい時もあります。

でもそんな時に、傍で無邪気に笑ったり、遊んだりしている子どもがいるだけで、状況が何も変わっていなかったとしても、ぼくたちは励まされて勇気をもらうことができます。

 

ふと考えると、彼らは今その場所にある楽しいことをちゃんと見つけているのだと思います。

 

子どもの笑顔から学ぶこと

娘の笑顔を見ながら、もっと笑って過ごせたら、もっといい気分になれるんだよなあということを単純に思いました。

 

無感動とか無感覚になっているつもりは全然ないけど、それでもどこかで笑うことを恥ずかしがったり、なにかを気にして、ためらったりすることが、ぼくにはあったのかもしれません。

大人になるうちに、配慮を心がけたり、周りを見て行動するなんていうことを考えたりもするようになりましたが、その一方、置き去りにしていることがあることを、彼女を通して教えられました。

相手との距離を上手く取ろうとして、相手の顔色や表情と温度を合わせてどうこうなんていうことをしているうちに、自然に相手と仲良くなるということ忘れていたんだろうか。

 

人間ってもっと純粋で自然体でいればそれでいいんだ。と、ぼくは思うことができました。

 

悪い状況にならないようにとか色々考えて、こっちの警戒心が高くなっていれば、相手も自分のことを警戒します。

逆に、単純に満面の笑顔で無邪気に近づいてこられたら、こっちだって笑顔になってしまうんです。

 

今をシンプルに楽しんで、誰かと過ごせることをシンプル喜べる。

 

そんな純粋さ、大切にしていきたいですね。

 

子どもと笑顔で過ごせる時間をつくる

笑顔に囲まれて生活できるっていうのは気分がいいもんです。

いつも怒っていたり、すぐにイジけたり、どうにもできないことを心配し続けていれば、当然憂鬱になっちゃいます。

 

だったら、笑顔で過ごせる時間を増やしたい。

ぼくは、そう思います。

 

もちろん子どもは、いたずらをすることもたくさんあります。

でも、悪いことをその都度指摘して怒るより、一緒に楽しいことやいい経験を積み重ねていくほうが、良いモノを選べるようになっていくんだっていうことを信じています。

人間誰だって、禁止されて、したいのにさせてもらえない時には気持ちには反発します。

でも、逆にそっちのほうが楽しいとか、いいことなんだってことを経験したら、またやりたいって思うようになるから。

 

この間、家族で一緒にリス園に行きました。

一歳半になる娘は、はじめての動物をちょっと怖がりながらですが、興味深そうに観察していました。

 

「ほら、あっちにリスさんいるよ」

「あ、水飲んでるね」

「じゃあ、餌あげてみよっか?」

 

そんなふうに声をかけているうちに、最初の緊張はどこへやら。

本当に嬉しそうにリスを目で追いかけていました。

 

最後はリスに囲まれてもへっちゃらな様子。

本当に子どもの順応性にはびっくりさせられますね。

 

ぼくはその時間、声をかけ合いながら一緒に過ごせたことがとても嬉しかったです。

 

子どもが笑顔になる時、これが楽しいということが心のアルバムに蓄積されていきます。

 

誰と一緒にいると楽しいのか?

なにをすると楽しいのか?

 

その中にぼくがい続けることができたらいいなと思っています。

 

一緒に関わって時間を過ごす中で、なにか楽しい記憶に残ることを積み重ねていくこと。

ぼくが子どもと一緒に過ごす中で大切にしていきたいことの一つです。

 

まとめ

子どもの笑顔は純粋です。

その笑顔をみていると、なぜだか涙が出そうになるほど。

その笑顔から学び、その笑顔をもっと見るために自分にできることを考えています。

 

家族と関わって時間を過ごすこと。

なにより一緒に笑える場面を、ぼくはもっと増やしていきたい。

 

===最後まで読んでくれたあなたにプレゼント===

今ならメール子育て講座が無料で受講できます!
「子育てを楽しくする7日間の旅」
メルマガ登録はこちらから


【無料メール講座】子育てを楽しむ7日間の旅

fac2eedb20be826c9c172424a5f47652_m

すずきだいきが、子育ての悩みを解消し、楽しい子育てをするヒントをお伝えします。

このメルマガを読むと、、、
・育児の荒波の中でも笑顔が増える。
・罰を与えたり、褒美で釣ったりしない関わり方を学べる。
・お母さんお父さんの子どもに生まれてよかった!と言われたくなる。
・自分でコントロールできるものに集中できるようになる。
・子育てのバットサイクルから抜け出すヒントが得られる。

自宅でカンタン!スカイプ速読講座 体験レッスン

fac2eedb20be826c9c172424a5f47652_m

速読インストラクターのすずきだいきが、あなたに速読を教えます。
レッスンはオンライン通話サービスを使用して行ないます。

速読を身につければ、、、
・情報収集や処理のスピードが何倍にもアップ!
・本が速く読める→読書量が増え、短時間で色々な知識を身につけられる!
・資格・試験の学習に圧倒的な効果!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です