あなたはなにに注目していますか?見方を学んでセルフコントロールに役立てよう。

こんにちは。

すずきだいきです。

 

だいき
あー、またキレちゃったよ。まじムカつくわ。でもなんで太郎はおんなじような場面でも落ち着いていられるんだろう、、、

 

同じ場面に遭遇しても、ある人は怒りに打ち震えて不満をぶちまける一方、ある人は冷静にその出来事を受け止め、状況改善のために有効な一手を選ぶなんていうことがあります。

人によって、反応の仕方、行動の選択が違うわけです。

 

これ、どうしてなんでしょうか?

 

これ知ると、セルフコントロールに役に立ちます。

 

人の行動はなにを信じているかによって変わる

人は、何を信じているかによって行動が変わっていきます。

 

外側からの信号に反応しなければならないと思っている人

「電話がなったらすぐ出るのよ。絶対よ。」

「インターホン鳴ったら、出ないわけにはいかないでしょ。」

 

ある人たちは、自分は外側からの信号に反応しなければならないと信じています。

なので、嫌なことされたら怒るのは当たり前、不機嫌になったり、落ち込んだりするのは仕方がないと考えるわけですね。

 

つまりは、

「あの人のせいで、、、」

「こんな状況なんだから、もう私には無理なの。」

と、外側からくる信号に対して受け身で反応してしまうタイプです。

 

自分の行動のスイッチを押すのは、他人や周りの環境。

だから、人の態度によって当然のように怒り、不機嫌になり、落ち込みます。

まるで、それに対する手立てはなにもないし、自分では制御できるもんじゃないって言わんばかりに。

 

人は内側から動機づけられていると信じている人

一方で、人は内側から動機付けられているって信じている人は、嫌なことがあったとしても、それにどう反応するかは自分で選べると考えます。

 

このタイプの人たちは、人から何か言われたり、難しい状況があったとしても、そういった外側からの信号を自分自身の行動のスイッチとは考えません。

 

それ自体はただの情報

自分のことを怒らせることも、何か無理やり行動させることもできない。

それに対して怒るか怒らないか、行動を変えるか変えないかはは自分で決めることができるということを知っています。

 

コントロールできるのは自分だけ

私たちは、必ずこのどちらかの信条を持って生きています。

そしてこの信条が私たちの行動や選択に大きな影響を及ぼしているんですよね。

 

人がなにを言ったとしても、どんなことをしてきたとしても、私たちは自分の行動を自分で選択することができます。

一方、私たちがなにを言ったとても、どんなことをしても、他人は自分の思い通りにはなりません。

情報を与えることができたとしても、他人をコントロールすることはできないのです。

 

「コントロールできるのは自分だけ」

コントロールできないものを手放し、変えていくことができるものに集中することで、私たちは自分自身のハンドルをもっとうまく握れるはずです。

 

 

世の中をどう切り取るかで見え方は変わる

さて、人間って世界をそのまま見ているわけじゃないんですよね。

私たちはそれぞれ、現実からある一部分を自分というフィルターを通して、切り取って理解して生きています。

そしてそれは自分自身の興味関心といったものに強い影響を受けているんです。

 

関連記事:人が現実世界を捉える3つのフィルター

 

このことは私たちにとって非常に重要です。

つまり現実に対する見方を変えれば、現実そのものが変わったくらい私たちの感情には影響があるということだからです。

 

これ、自分は外側からの信号に反応して生きているって信じている人だと、見方を変えるという発想がなかなかできません。

見たそのままが現実だと思ってしまうからです。

 

一方、人は内側から動機づけられる。自分で物事を選択できる。っていうことを信じている人は、自分の見方もコントロールできると考えるので、見方を変えるというアイデアをより取り入れやすくなります。

 

私たちがなにに注目するかは、自分でコントロールすることができます。

 

悪いことばかりに注目していれば、世界は苦しく悪いもののように見えてきます。

一方、明るいことや気分を良くすることに注目することができれば、私たちの幸福度は上がっていきます。

 

悩みや恥ずかしさの前で立ち止まると起こること

恥ずかしさは、言わばカメラのズームレンズのようなものだといえます。ズーム・インして欠点だけを拡大し、自分のことしか見えなくします。

「ウエストのお肉がはみ出しているのは私だけ?」
「だらしなくて、うるさくて、世間体が悪い家族がいるのは私だけ?」
「私はどこかおかしいのね。一人ぼっちだわ。」

引用:ブレネー・ブラウン『「ネガティブな感情」の魔法』p.140

恥ずかしさというのは、自分の弱さや足りなさを決定的に見せつけます。

「自分だけ」「私のせいで」といった言葉で私たちに揺さぶりをかけてきます。

それは、自分の欠点を大きく見せる顕微鏡のようなもの。

 

もしこの時、ただ受け身な姿勢しか持ち合わせていないとなれば、気持ちがさらに沈んでいくことになるでしょう。

 

目の前にあるものをズーム・アウトして見てみる

逆にズーム・アウト機能を使えば、全く違う図が見えてきて、同じように悩んでいる人がたくさんいることに気づきます。自分は一人きりではないのです。

「えっ、あなたも? みんな同じですね。悩んでいるのは私だけかと思っていました!」

一歩下がって、全体像を見れば、自分は不十分だと思わせるメッセージや期待を現実的な目でチェックできるのです。

しかし、「自分だけ」とか、「私のせいで」という思いの中で、スネてしまうそうになる時、今起きていることも少し高い視点から見てみると、捉え方に変化が起こります。

 

起きていることは変わらなかったとしても、その状況に対する解釈を変えていくことができるんですよね。

 

「このことがただ悪いとは言えない。」

「同じように厳しい中にいたとしても、そこから立ち上がった人たちはいるんだから、自分にも何かできることがあるはず。」

というように、同じ事柄から別の意味や可能性を発見することができるようになります。

 

なにに注目するかをコントロールするスキルを身につけよう

大切なのは、何に注目するのか?ということをコントロールするスキルです。

 

物事の捉え方をコントロールできるようになると、怒りや恥を必要以上に感じることなく、過ごすことができるようになります。

これはただ問題を先延ばしにするという方法ではありません。

 

そもそも悩みや問題にばかりフォーカスして、ネガティブな感情に引っ張られてしまうと、人は無力感を覚え、解決策に気づくことができなくなってしまうんです。

しかし、別の視点から物事を見ることができるようになると、その状況の中で、自分ができることがなんであるか?を考えることができるようになります。

 

見方を変えるスキルは、感情をコントロールするだけではなく問題解決にも役に立つのです。

 

まとめ

だいき
あれ、怒らなくても良かったんだな。冷静に考えると、こういう見方もあったんだな。今度謝ろう。

自分は内側から動機づけられていると信じている人は、人の言動や、状況をただの情報として受け取ることができるってことですね。

そうすると、それにどう反応するかを受け身ではなく、能動的に選択することができるようになっていきます。

 

そして、なにに注目するかをコントロールするスキルを身につけると、私たちはもっと自分自身のハンドルをしっかりと握っていくことができるようになります。

 

コントロールできるもの、できないものをまずは分けてみる。

これだけで、結構変わって物事が見えてくるもんですね。

 

学んだことで生き方を変えよう!そして一歩を踏み出そう!

 

 

===最後まで読んでくれたあなたにプレゼント===

今ならメール子育て講座が無料で受講できます!

「子育てを楽しくする7日間の旅」

当ブログの著者、すずきだいきが子育てを楽しんでいく秘訣を語ります。

このメルマガを読むと、、、

  • 育児の荒波の中でも笑顔が増える。
  • 罰を与えたり、褒美で釣ったりしない関わり方を学べる
  • お母さんお父さんの子どもに生まれてよかった!と言われたくなる。
  • 自分でコントロールできるものに集中できるようになる。
  • 子育てのバットサイクルから抜け出すヒントが得られる。

 
こんな人にオススメします。

  • 子育てを楽しくしたい方
  • 自分流の子育てに自信が持てない方
  • いつも怒ってばかりの子育てを卒業したい方
  • 家族の笑顔をもっと増やしたい方
  • 子どもと良い関係を築きたい方
  • 子どもの可能性をサポートしたい方

子育て中のお母さん、お父さん、メール講座は無料です。

今すぐ、ご登録を!!

 

合わせて読みたい

【無料メール講座】子育てを楽しむ7日間の旅

fac2eedb20be826c9c172424a5f47652_m

すずきだいきが、子育ての悩みを解消し、楽しい子育てをするヒントをお伝えします。

このメルマガを読むと、、、
・育児の荒波の中でも笑顔が増える。
・罰を与えたり、褒美で釣ったりしない関わり方を学べる。
・お母さんお父さんの子どもに生まれてよかった!と言われたくなる。
・自分でコントロールできるものに集中できるようになる。
・子育てのバットサイクルから抜け出すヒントが得られる。

自宅でカンタン!スカイプ速読講座 体験レッスン

fac2eedb20be826c9c172424a5f47652_m

速読インストラクターのすずきだいきが、あなたに速読を教えます。
レッスンはオンライン通話サービスを使用して行ないます。

速読を身につければ、、、
・情報収集や処理のスピードが何倍にもアップ!
・本が速く読める→読書量が増え、短時間で色々な知識を身につけられる!
・資格・試験の学習に圧倒的な効果!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です