「この情報を得たい!」というアンテナを立てるだけで、情報に踊らされることが少なくなるという話。

こんにちは。

ウェルビーイング・ライフコーチのすずきだいきです。

 

だいき
最近、情報の波に飲み込まれている! 気づくとネットで記事を読んだり、YouTubeを見てるんだけど、なんだかすごく時間を無駄にしている気が、、、

 

こんなことに身に覚えはありませんか?

そんな情報に踊らされてしまうあなたに、情報収拾で失敗しないためのアンテナの立て方についてお伝えしていきます。

 

時代は情報氾濫社会に突入している

21世紀も、はや20年の月日を刻もうとしている平成の終わり。

もう時代は、情報社会というよりも、情報氾濫社会といってもいいレベルになりました。

 

30年前であれば、情報発信というのは一部の人のもの。

その時代は、新聞やテレビ、雑誌の情報を、一部のエリートたちが、(自分たちの都合のいいように)厳選して情報を発信していました。

読者・視聴者たちは、その限られた情報を頼りに、生きていたわけです。

 

しかし、そんな時代も過去のことになりました。

今や、誰でも情報を発信できる時代。

インターネットの世界では、ブログ、SNS、YouTubeといったツールを用いて、あらゆる人が情報を全世界に向けて公開しています。

 

この時代では、大手メディアや、組織の大本営といった上から下への情報だけではなく、タテ・ヨコ・ナナメといったあらゆる方向に向かって情報が行き交っています。

ある人がtwitterでつぶやいたアイデアが、どこかで商品になるなんてことさえ、よくあることなのです。

愚かないたずらによって炎上が起こったり、個人の失敗や恥の部分が、ある時には切り取られてフォーカスされることもあります。

 

情報氾濫社会の現代、”情報”は重要な武器にもなるという一面、人によっては「情報に踊らされてしまう」という危険性も抱えています。

 

アンテナがない人は、目の前の情報に流されて巻き込まれる

情報に対する態度を決めていないと、

  • YouTubeを見ていたら、次々と紹介される関連動画をクリックして3時間が過ぎていた。
  • 別に見たくもないのに、最近芸能界の不倫問題にすごく詳しくなった
  • 時事ネタがある程度頭には入っている。けれども、別に大した価値も感じない。

といったようなことが起こります。

というのもなにも決めることなく情報に向き合う人は、必然的になりゆきに任せた行動をとることになるからです。

 

これが情報氾濫社会の誘惑です。

目の前の情報は、私たちを流れに巻き込み、結果願っていないところに勝手に連れていってしまうことがあるのです。

 

そもそも、私たちは、なにか新しいことを知りたいとか、他の人の考えを聞いてみたいとか、人と人との諍いに首を突っ込んでみたいという好奇心という欲求を持ち合わせています。

その好奇心をどこに向けて用いるのかによって、情報から獲得できる結果は大きく変わることになります。

 

もし、この好奇心をうまくコントロールできないままでいると、情報に踊らされるがままになってしまうのです。

 

どんな情報を積極的にとっていくのか? あなたの情報のアンテナを言語化してみよう。

では、どうすればいいのでしょうか?

 

人というのは必ず情報に対するフィルターを持っています。

その人の興味関心によって、得られる情報というのは変わっていくのです。

 

たとえば、妊娠した人は妊娠している人がよく目についたり、車を買った人は、同じ車種の車が視線に入るとすぐに気づきます。

そういうえば、ぼくも引っ越し屋でアルバイトをしていた時、対向車線から、その会社のトラックが走ってくるとなぜか気づけたという記憶があります。

 

誰しもが情報のフィルターを通して、目の前の現実から情報を受け取っているわけです。

 

情報に踊らされないためには、この情報のフィルターを意識して、自分がどのような情報を得たいのか? ということを具体的にさせておくことが有益です。

そうすると、意識したことに対する情報が入ってきやすくなり、そうでない情報からは自然と意識が離れていきやすくなります。

 

まず、インターネットを開く時に、テレビを見る時に、自分に対してこんな質問を投げかけてみてください。

「この時間、あなたはどんな情報を得たいと思っていますか?」

 

人は質問をされると、それに注意を向け、その答えを探し出そうとする性質があります。

であれば、情報を受け取る前に、「その情報によってなにを得たいのか?」を意識するだけで、その時間をどのような時間にしていくかを自分の手でコントロールして行くことができるようになるのです。

 

  • とにかく楽しいいい気分になるためにその時間を過ごしたい。
  • 世の中の流行を知りたい
  • 新しい携帯電話が欲しいので、どれがいいかの情報を集めたい
  • 自分の仕事に関連した情報を得たい
  • 気分転換がしたい

 

その時間、どのような時間にしたいかはあなたの自由です。

しかし、それを最初から考えておくだけで、どのような情報を得ていくかを自分でコントロールできるようになります。

 

無駄な情報に踊らされないためには、なりゆきに任せるのではなく、どのような情報を得たいか? を明確にして、自ら情報を取りに行くということが有益です。

 

まとめ

だいき
無意識だったものを意識してみるって、大切ですよ!

情報に対して受け身な姿勢でいるのではなく、構えておくと、情報の濃度が上がっていきます。

情報が武器になり、かつ氾濫している現代だからこそ、情報に踊らされずに、うまく活用できるように向き合って生きたいですね!

 

今日はここまで。

学んだことで生き方を変えよう!そして一歩を踏み出そう!

 

===最後まで読んでくれたあなたに===

ウェルビーイグ心理教育ナビゲーターのすずきだいきが、LINE@で人間関係やセルフコントロールについてのお得な情報を配信します。

また、読者の方のQ&Aにも答えます。

今すぐご登録を!!

友だち追加

他では出さないつぶやきを中心に、特別な案内などもお送りしますのでお楽しみに。

合わせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

自分の幸せを自分で創造する生き方をしたいあなたへ! すずきだいきのウェルビーイングLINE@

fac2eedb20be826c9c172424a5f47652_m

ウェルビーイング・ライフコーチのすずきだいきが、幸せを選択し、創造する行動に役立つお得な情報をお届けします。

このLINE@を受け取ると、、、
・セルフコントロールの力がアップ!
・ストレスを減らしたり、ストレスを活用して成長する術が身につく!
・周りの人との関係が良好になって、毎日が楽しくなる!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください